避妊薬の効果と副作用

避妊薬とは、決められた正しい方法により内服をする事でほぼ確実に避妊を行う事が出来る女性の方専用の医薬品とされ、避妊行為を男性の方に依存する事無く、自らの意思により望んでいない妊娠を回避する事ができ、体の小さな日本人に合わせた不正出血等の副作用症状を低減させる事が出来る低用量ピルが国内では主流とされ、避妊以外にも複数の副効用を持つのでQOLを向上させたい女性の方が用いる事も有ります。
避妊薬の最もの目的は妊娠の回避となりますが、この仕組みとしては排卵や妊娠は脳により操作されているFSHやLHといった女性ホルモンにより起こるとされており、低用量ピルを内服する事で脳内ではホルモン分泌を抑制する様になり、上記二つの分泌量が低下する事で卵胞の成熟が不十分となり排卵を抑制する事になり又、子宮内膜が厚くならない様にしてくれるので、受精卵となる機会を防いだり、万一子宮内に精子が残り受精卵となった際でも着床しにくい状況を作り出す事が出来ているので妊娠には至らないとされています。
二重、三重に妊娠機会を失わせているのでほぼ100%に近い確率で避妊が行えるとされ、PI指数としって妊娠する確率を示す値は高くて1%とされており、これは飲み忘れや飲み間違い等の要因により失敗するとされており、避妊具を代表するコンドームの値は20%程有るので成功率がどれほど高いかが分かり、ホルモンの影響は他にも効果を生み出し肌荒れの改善、月経時の痛みや不定期となる不順を改善するともされ女性の方のQOLを向上させる事が出来ます。
低用量ピルは卵胞ホルモンの総量を避妊効果を失わない限界まで減らしているので副作用症状は起こるものの少ないとされており、主に起こるのが不正出血や吐き気、頭痛あるいは乳房に痛みが出る事や張りを感じる事が有るとされ、内服を続ける事で次第に軽快となるとされるので重篤な症状の前兆では無いので殆どの場合で心配の必要はありません。
避妊薬は定期的な内服を必要とするので人によっては重篤副作用症状の一つ血栓症を起こす事が考えられるので、内服期間中は定期的に血管や血液の検査を行う必要が有ります。